嫁と営み再開出来た理由はポゼット!早漏を止めて夫婦円満

早漏を改善する医薬品

男性特異とされる早漏症には幾つかの原因があるとされており、射精時間を大幅に短縮していしまうその一つに脳内の神経科学物質の不足により起こる事が有り、この場合においてのみ有効とされるポゼットとは、本来の療治目的を鬱病を始めとした精神不具合により起こる障害を改善する為に用いられる抗鬱剤の一種としており、分類上はSSRIという脳内の特定した部位に作用する経口による内服薬とされていますが、この作用を本性に用いる事で早漏防止が可能とされ交際的にも唯一効用を認められている医薬品になります。

ポゼットの特徴として、先行プリリジーの後発薬で有り、同一成分ダポキセチン60mgを同一の容量単位としており、比較的安価に購入する事ができ個人でも海外から取り寄せる事で使用する事が出来るのが特徴となり、剤形を錠剤、外見が円形の濃い青色とされています。

ダポキセチンが持つ作用として、脳内のシナプス間隙での5-HT濃度を再取り込みされる事を阻害する事で上昇させる事ができ、この物質は他の神経物質の抑制により精神状態を安定化させる事が出来る物質となり、鬱病であれば意欲・関心の低下を改善する事や気持ちの落ち込みを改善する事が出来るとされ、早漏防止としては射精時に最も活発になる神経、交感神経の過度な興奮状態を抑制する事ができ興奮を鎮める事で射精時間の遅滞あるいは射精感を減退させる事が出来るとされます。

その射精までの時間を症状が生じている時と比較して概ね二から三倍までに増幅させる事が出来るとされ、有る程度まで持続させる事が出来るので十分な挿入時間を設ける事ができ、充実した性交を営む事が出来ます。

ポゼットの副作用としては、吐き気や頭痛を感じる事が多いとされ他にも嘔吐や下痢等を起こす事が有りますが、使用を継続していく事で軽快になるとされ重篤な症状への発展は確認されていないので比較的安全に使用する事が出来ますが、同系統あるいは他の分類の抗鬱剤にはダポキセチンの様な早漏防止の効用は無いので注意が必要です。